歯医者

治療に使用する素材

歯医者

インプラントは歯科治療のなかでも有名で、歯を損失してしまった場合の治療としては最も高い固定感と審美性を得ることができる治療法です。その歴史は意外と古く、古代の時代にはすでになんらかの鉱石を使用したインプラント手術が行われた痕跡がいくつか見つかっています。ただし、そのどの素材も人間の肉体とは親和性が悪く、恐らく大きな拒絶反応があったのではないかと思われます。

インプラント治療が発展したのはわりと近年のことで、インプラント用の素材としてチタンが発見されたことから大きく躍進しました。そのため現在は拒絶反応を起こすことがほとんどなく、治療の成功率はかなり高いものになっています。
人口の多い大阪には歯科医院が多く存在しており、多くの医院にてインプラント治療を行っています。そんな大阪のなかには世界でも腕を認められている医師もいて、そういった実績のある医師であれば安心して治療を任せることができます。

大阪の多くの歯科医院にて行っているインプラントには、フィクスチャーと呼ばれる部品があります。これは直接歯茎に挿入する器具で、骨と結合してしっかりと固定されます。ここで使用されるのはチタンで、金属アレルギーを起こす心配がほとんどないばかりか、骨との結合性において高い能力を発揮してくれます。現在はさらに耐久性を高めるため、チタン合金が使用されることもあります。
フィクスチャーの上に装着し、義歯の土台となるアバットメントにもチタンやチタン合金が使用されます。
そして、アバットメントにかぶせる義歯にはオールセラミックなどのセラミックが使用されます。天然歯とほとんど見分けがつかないほどの審美性を誇っており、これをアバットメントにかぶせることで外から固定具が見えることもなく、美しい見た目を実現することが可能です。
大阪のなかでも、歯科医院によってインプラント治療の流れは異なってきます。どのような部品を使用するかなどが変わってくるため、上記はあくまで一例だと考えてください。