歯医者

失った歯を埋める

インプラント治療とは

歯医者

インプラントとは、ペースメーカーやシリコンなど、本来の組織に代わって特定の機能を果たすための人工的な代替品のことです。歯科界でのインプラントといえば、歯茎を通って顎の骨に固定する人工歯根のことになります。失ってしまった歯の肩代わりをするものとしては他に入れ歯やブリッジ治療がありますが、これらと比べて安定性が遥かに高く、また周りの健康な歯を削る必要もない点がインプラントの大きな特徴となっています。歯は人間の体の中でも特に安定性が重要な場所です。この部分がしっかりしていることが毎日の食事の楽しみにも直接繋がってきますので、そういった意味でインプラントは歯が抜けてしまった際の処置として推奨される治療法です。

もう一歩踏み込んだお話

この治療法の問題としては、先ず第一に顎の骨にまで人工歯根を埋め込むにあたって手術が必要であり、また特殊な状況を除いて保険が適用されないことです。ですのでどうしてもその分だけ費用が嵩んでしまいます。相場としては一本につき「30〜45万円」程とされています。またインプラントは天然の歯と比較して粘膜との結合が弱い分、細菌感染を起こしやすいという問題も含んでいます。それだけに日頃の口内環境のケアには気をつける必要があるでしょう。 インプラント分野も近年技術の発達が進んでおり、これまで治療困難とされてきた顎の骨がほとんどない方でも、頬骨の一部を土台として活用することで安全に治療が行えるようになりました。これまでに治療を断られた経験のある方は、改めて歯科医に相談してみましょう。